« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月27日 (日)

Malachi 3:6-12 Return to me, and I will return to you, says the LORD of hosts.

Malachi 3:6-12  Return to me, and I will return to you, says the LORD of hosts.

 

Most pastors are reluctant to preach from Malachi, and I was also one of them. But I have been preaching from the Old Testament continuously for 10 years, and last Month I finally accomplished it.

I was so impressed with this text and am pleased to share it with you today.

By the way, recently I have written a book which title is “money and faith”, and this book has been welcomed in Christian circle.

But I got a strange reputation called the pastor of money, which is very unpleasant to me, because I had worked for ten years at one of the biggest brokerage banks dealing with stocks and bonds, but was not satisfied with taking care of money and therefore I became a pastor.

 

However in my ministry, I have constantly been confronted with the shortage of the budget and moreover, I feel irritated with my Christian friends who are so ignorant of the monetary subject yet always criticizing the current political or economic system, which is one of the motivations for writing this kind of book.

 

  Our Lord Jesus speaks about money so often, and one of them is the Parable of the Dishonest Manager in Luke 16, that is difficult to understand.

But we need to accept His conclusion in verse 10-12, as follows. “One who is faithful in a very little is also faithful in much, and one who is dishonest in a very little is also dishonest in much.

If then you have not been faithful in the unrighteous wealth, who will entrust to you the true riches? And if you have not been faithful in that which is another's, who will give you that which is your own?

 

  You may feel that you are poor because you do not occupy your heart with money, but according to Jesus, it might be true that you cannot possess your own riches because you are not faithful enough to the worldly wealth or another’s.

 If you are really trusted by God or by others, you might have already enough riches.

 

For instance St Matthew was a tax collector and might have been very talented at book keeping , in another word, he was faithful to so called unrighteous wealth, that’s why he was entrusted to keep the true riches, which is the record of the preaching of our Lord Jesus.  

 

  And more interestingly as the Pharisees ridiculed Jesus’s preaching, it is written in verse 14 with great irony, “the Pharisees, who were lovers of money”.

The Beatles used to sing,“I don’t care too much for money, money can’t buy me love.”

But it is often so those who always says, “I don’t care for money・・ love money the most. 

 

Of course Jesus is telling in verse 13 as follows,
  no servant can serve two masters
・・・. You cannot serve God and money."
 But it does not mean you should not talk about money openly in the church. For most of the parables of Jesus have something to do with money.

 

  One of the biggest temptations of money comes to you, because you do not know the significance of praying over a bank note in front of you.

I love a poem by a French Catholic priest, Michel Quoist,

Prayer Before A Twenty-Dollar Bill

Lord, see this bill! It frightens me.
You know its secrets, you know its history
・・・・.
It is heavy, heavy, Lord
・・・For it had death on its conscience…
All the poor fellows who killed themselves for it,
To possess it for a few hours,
To have through it a little pleasure, a little joy, a little life.

Through how many hands has it passed, Lord?
And what has it done in the course of its long, silent journeys?

It has offered white roses to the radiant fiancée.
It has paid for the baptismal party, and fed the rosy-cheeked baby.
It has provided bread for the family table.
Because of it there was laughing among the young and joy among the elders.
・・・・

But it has sent the letter breaking the engagement,
It has paid for the death of the baby in its mother’s womb,
It has bought the liquor that made the drunkard
・・・
It has paid for the weapons of the crime and for the wood of the coffin.

O Lord, I offer you this bill with its joyous mysteries, its sorrowful mysteries.
I thank you for all the life and joy it has given.
I ask your forgiveness for the harm it has done.
But above all, Lord, I offer it to you as a symbol of all the labors of men, indestructible money, which tomorrow will be changed into your eternal life.

 

There are lots of people who pray for the necessity of money but there are only few who pray in front of a paper money.
  This prayer shows not only danger of money but also gratitude for money.
 And this could be called the prayer to redeem the money.

 Today, I would like to use the word, “redeeming the money”. In the bible there is no such usage.

The word “redeem” means often “atonement for the forgiveness of sins”. But there is another Hebrew word with the general meaning of “deliver” or “take back.”

There is such usage as “ redeeming the time” as in the following two verses in NKJ

 

Colossians 4:5  Walk in wisdom toward those who are outside, redeeming the time.

Ephesians 5:16  walk circumspectly・・redeeming the time, because the days are evil. 

 

 You will become a slave of the time if you don’t redeem the time.

And in the same way, you will become a slave of money if you don’t redeem the money.

 

 In Exodus 13:13 it is written “ Every firstborn of man among your sons you shall redeem.” It is to remember that for the liberation of Israelite every firstborn in Egypt was killed therefore every firstborn of Israelite belong to the Lord, in order to take back your firstborn as your own son you need to pay the amount of 5 shekels which is not a small amount, almost one 6th of the value of the slave.

 

In the same way your money is originally the possession of the Lord and entrusted to you, but in order to possess your money at your disposal, you need to offer one tenth of your income. In that way you will be free from the bondage of the slavery of the money.

We need to be always conscious of the sneaky attack of Satan who uses money in order to keep your eyes away from your Creator.

 

 

  Now I would like to invite you to the world of the prophet Malachi which was written around the middle of 5 century BC, about 50yeas after the reconstruction of the Jerusalem temple.

After the collapse of the kingdom of Jerusalem and the temple in 586BC, Jews had been in the captive and dreamed of the liberation by their God. As they came back to the promised land and were able to build their temple they were so pleased.

It is written in the psalm 126,

 

When the LORD restored the fortunes of Zion, we were like those who dreamed. Then our mouth was filled with laughter, and our tongue with shouts of joy;

 

 But after 50 years their feeling of excitement disappeared, and feeling of malaise prevailed.

They thought, “nothing has been changed, we are still under slavery of Persian kingdom and re-constructed temple is too far small from Solomon’s temple.


  Such experiences of excitement and disappointment happen all the time in our life. As German philosopher Schopenhauer said

Life swings like a pendulum backward and forward between pain and boredom.”

 

Therefore the real problem in our life is not a circumstance but attitude of our mind.
  As it is written in
Revelation 2:4-5

But I have this against you, that you have abandoned the love you had at first(or in NKJV “You have left your first love”) .

 Remember therefore from where you have fallen; repent, and do the works you did at first.”

 

  Therefore the word of the LORD by Malachi begins as follows.
"I have loved you," says the LORD. But you say, "How have you loved us?"  

 

Instead of responding to the love of the Lord, they are just complaining as written in 2:17

"Where is the God of justice?"

 

  And responding to this question the Lord tells in 3:1,

 "Behold, I send my messenger and he will prepare the way before me. And the Lord whom you seek will suddenly come to his temple・・

But who can endure the day of his coming, and who can stand when he appears?

・・・

7 From the days of your fathers you have turned aside from my statutes and have not kept them. Return to me, and I will return to you, says the LORD of hosts.

But you say, 'How shall we return?'

 

  It is very interesting that the Lord tells us a way to return to the Lord. But you may be puzzled by the answer, because the lord tells them by the way of offering tithe, you can return to the Lord.

 

For almost everyone, money is one of the most important subjects in family life.

You can say “ I love you” in your lip but if your attitude is mean to your beloved, your word is not trusted. Love can be shown by the sacrifice you have made. And that was the problem of Israelite.

 

 So it is written very frankly in verse 8 as follows.

 “Will man rob God? Yet you are robbing me.

But you say, 'How have we robbed you?'

In your tithes and contributions.
 

About the meaning of tithe, it is written in Leviticus 27:30

 "Every tithe of the land, whether of the seed of the land or of the fruit of the trees, is the LORD's;

it is holy to the LORD・・・.”

 

  Israelite was just stingy. They stored the riches which were given by God only for their own use.  

Against this attitude, the Lord tells them very severe word.

 9 You are cursed with a curse, for you are robbing me, the whole nation of you.

10 Bring the full tithes into the storehouse, that there may be food in my house.

You may be asking, why the creator of the universe need money.

For the usage of the tithe it is written in Numbers 18:21  

21 "To the Levites I have given every tithe in Israel for an inheritance, in return for their service that they do・・・"

 

In the history of Israel they were often too stingy to support the Levites. Therefore the Levite could not concentrate on the work for the service for the Lord and the service had become empty.

In the same way, in every church the worship becomes empty if they do not give a tithe to the church. In almost every church in Japan, payments for the pastors account for the biggest percentage of the church budget. But if the congregation does not give a tithe, a pastor can’t concentrate on the preparation of the sermon.

Beside this, in my opinion, there is an obligation of a big church in Tokyo for supporting a poor church in a country area. If every Christian gives a tithe, every church will be revived. 

 

In addition, there is another usage of the tithe, it is written Deuteronomy 14:22

 

 "You shall tithe all the yield of your seed・・・And before the LORD your God, in the place that he will choose・・・you shall eat the tithe of your grain, of your wine, and of your oil・・・

28 "At the end of every three years you shall bring out all the tithe of your produce in the same year and lay it up within your towns. 29 And ・・・the fatherless, and the widow, who are within your towns, shall come and eat and be filled. 

 

 Tithe here is for the fellowship and helping of the poor. And that seems to be the additional one to the tithe to the Levites. If it is so, you need to give not only 10 of you income but 20. But there is a difference of the opinion among theologian.


  Anyway it is very reasonable to give the tithe first to the church you serve, and after that you can consider another possibility of the tithe in order to help inter-denominational activities, fellowship for believers, bible study, or evangelistic events.

 

  In the book of Malachi, one of the greatest promises is written as follows,

 

“And thereby put me to the test, says the LORD of hosts, if I will not open the windows of heaven for you and pour down for you a blessing until there is no more need.

・・・・

12 Then all nations will call you blessed, for you will be a land of delight・・・.”

 

 Put me to the test” is a very unique statement in the bible. In other places it is a great sin to put the lord into the test.

But by offering of the money the Lord himself invites us to put him to the test. 


  Of course the blessing in today’s world doesn’t mean the rich in money. Because there is a great danger that money can destroy your life.

But the blessing will appear in many different ways.

  

  One of the greatest blessings in our life is the assurance of hope. The book of Malachi ends with the word of hope 3:16  

 

16 Then those who feared the LORD spoke with one another. The LORD paid attention and heard them, and a book of remembrance was written before him・・・.

 

Malachi 4:1-6  "For behold, the day is coming, burning like an oven, when all the arrogant and all evildoers will be stubble・・・

2 But for you who fear my name, the sun of righteousness shall rise with healing in its wings・・・

 

5 "Behold, I will send you Elijah the prophet before the great and awesome day of the LORD comes. 

 You know that Elijah had already come in the person of John the Baptist, and the promised messiah has appeared in Jesus.

 In Jesus final stage of the God’ salvation has arrived. Completion of world peace was secured. Shalom in Hebrew, which means not only peace but also every wellbeing in the world. If we have this assurance we can be calm in the midst of all the troubles and concentrate on the most important work of love believing that all our labor are not in vain.

 

  Strangely as Jesus appears there comes the conflict with the religious leader of that time. Jesus criticized as follows in Matthew 23:23  

 

23 "Woe to you, scribes and Pharisees, hypocrites! For you tithe mint and dill and cumin, and have neglected the weightier matters of the law: justice and mercy and faithfulness.

These you ought to have done, without neglecting the others.“

 

  The Pharisees was very obedient to the word of the Malachi, but they had forgotten the weightier matters of the law: justice and mercy and faithfulness.
 
 They despised the outcast of the society.

But they should have remembered that their forefather Jacob was an outcast of the society.

He betrayed his father and brother and, had to run away from home.

 

Genesis 28:11-22  11 And he came to a certain place and stayed there that night, because the sun had set. Taking one of the stones of the place, he put it under his head and lay down in that place to sleep.

12 And he dreamed・・・

 

And there come the greatest promise from the Lord

Responding to that,

20 Then Jacob made a vow, saying, "If God will be with me and will keep me ・・・and will give me bread to eat and clothing to wear・・・ And of all that you give me I will give a full tenth to you."  


 You might be in a difficult situation like Jacob. You may be too poor to spare the tithe to the Lord. Then you can give the same vow like Jacob.

 “If God will be with me and will keep me・・・all that you give me I will give a full tenth to you." 

 

 The promise of the tithe will open up your new fellowship with the Lord.

 

 By the way, there was a severe warning of the curse of the Lord, but our savior Jesus took our curse instead. It is written Galatians 3:13-15

 

“13 Christ redeemed us from the curse of the law by becoming a curse for us- for it is written, "Cursed is everyone who is hanged on a tree"- 14 so that in Christ Jesus the blessing of Abraham might come to the Gentiles, so that we might receive the promised Spirit through faith.”

 

 We are saved by His blood. There is an analogy of the salvation which Jews once experienced.

They were once slave in Babylon and liberated by the Persian king and could come back to their promised land and re-build the temple, and once they were so excited of the salvation of the Lord.

 But soon they were occupied with the feeling of the boredom and malaise.

You maybe sometimes in the same situation, you are once so excited of your salvation, you are so joyful to be called the brothers and sisters of the Lord Jesus and to be called as a son of God. Your life is already secured by the hand of God, and you are more than conquerors through Jesus who has loved you.

Even so you feel sometimes, God is far from you and the assurance of salvation disappears.

 

Then God taught them interesting way to return to the Lord. That was a way of tithe.

 

Of course, the tithe is not the most important work of the Christians but Jesus himself says, “justice and mercy and faithfulness. These you ought to have done, without neglecting the others.” That means you cannot neglect the importance of the tithe.

 

 But you should not see the tithe as an obligation. It is a way to blessing. It is a way to show your first love to the Lord. And it is a way to be free from the bondage of money.

By the acts of the tithe you become free and you can enjoy the blessed life with Jesus.

 

And if your desire is to grow in your faith in Jesus, one of the best way is to offer your money to your savior, because Jesus is telling in Matthew 6:20-21

 

“Lay up for yourselves treasures in heaven・・・

21 For where your treasure is, there your heart will be also.”

 

Our treasure is not only money but also time

If you give your precious money and time to Jesus, your heart will be with Jesus. That is the way you can deepen your fellowship with Jesus.  

|

2014年7月20日 (日)

創世記3章8節~6章8節「創造主の哀しみを知る」

                                                  2014720

  劣等感ということばを普及させたアルフレッド・アドラーは、「われわれ人間すべての文化は、劣等感情に基いている・・・すべての目標の中に…神のようになるという努力を見いだすことができる」と言いました。事実、私たちはみな、小さい時から、「より賢く、より強く、より美しく、より早く生きる」ことができるように訓練されています。

しかし、そこで忘れてはならないのは、生きる方向と交わりです。私たちはキリスト習って、互いに仕え合うように召されています。またすべてのことを神への祈りの中で行うように召されています。

この世界の様々な問題を見て、私たちはすぐに、ハウツー式に「こうしたら良い」と意見を出しがちですが、神でさえ大洪水を起こさずには世界を変えられなかったのですから、根本的に大切なのは、祈りの中で、創造主の哀しみを知り、キリストの思いを自分の思いとして行くことです。神は、より優秀な人よりも、ご自身のみこころを、自分の心とする人を求めておられます。

 

1.「神のようになることとエデンの園からの追放」 

(ヤハウェ)は、そよ風の吹く夕方まで待たれた上で、「あなたは・・食べたのか」と事実のみを尋ねられました。それは、人が自分の犯した罪を認めて、告白する機会を与えるためでした。ところが、人は、「あなたが私のそばに置かれたこの女が・・」と、女に責任転嫁をしたばかりか、その創造主である神を非難しました(3:11,12)

人は確かに、「神のようになり、善悪を知るように」なりました(3:22)。しかしそれは皮肉にも、神のように全能になることではなく、自分の弱さや過ちを認められなくなったということでした。なぜなら神は、助け手を必要とされませんし、間違いも犯さないはずだからです。

そして、女も、「蛇が私を惑わしたのです」と責任転嫁します(3:13)

「神のようになり、善悪を知る」とは、自分を世界の中心に置き、善悪の基準にして、まわりを非難する生き方の始まりでした。そこにおいて、男と女は、エデンの園における、「神のかたち」として調和を、自分から失ってしまいました。

 

「ちりとしての人(2:7,3:19)は被造物としての立場を忘れ、自意識だけが神のようになってしまったのです。多くの日本人は、「罪が分からないから、神の救いも分からない・・・」などと言われることがありますが、それはアダムの子孫すべてに共通することです。

アダムの子孫に必要なのは、創造主なる神が、私たち一人ひとりを愛し、生かしていてくださることを知ることなのです。また、自分を神とする自意識から解放され、神の前に自分の弱さや過ちを認められるようになることなのです。

そして、そのために何よりも大切なのは、私たちが、「ちり」でありながら、創造主ご自身から直接に「いのちの息を吹き込まれた」「高価で尊い」存在であるとの自覚に立ち返ることです。

 

なお、「自分たちが裸であることを知る」という恥の感覚は、神でない者が自分を神のようにした結果として味わった感覚でした。それは、自分がいのちの根源から離れてしまった不安から生まれるものです。ちょうど、自立できない子供が自分から親を捨てて不安に陥ることと似ています。

私は最初、この箇所を読んだとき、善悪の知識の木の実自体に何かを起こす力があったのかと誤解しました。しかし、神は、エデンの園に毒りんごを植えるような方ではありません。「善悪の知識の木」から取って食べるという行為自体が、人を害してしまったのです。

 

(ヤハウェ)は、人と女に罪の告白の機会をお与えになり、彼らが自分の罪を認めようとしないことを確認した上で、さばきを宣告します。ただし、この一連の悪の張本人である蛇には問いかけません。それは蛇がサタンの使いであったからという以前に、「あらゆる野の獣のうちで・・一番賢い存在であっても、「神のかたち」として創造されてはいなかったからです。

神は賢い蛇とは対話しませんが、誘惑された人間とは対話してくださいます。それは蛇に責任能力がなかったからではありません。神は誘惑した蛇に最も厳しいさばきを最初に宣告されました。

 

蛇は神のさばきを受けて、「一生、腹ばいで歩き、ちりを食べる」者へと変えられました。罪を犯す前の蛇の状態がどうだったかは分かりませんが、現在の蛇の姿は、神のさばきを受けた結果と言えましょう。

その上で、「蛇の子孫と女の子孫との間に、敵意を置く(3:15)と記され、女の子孫が、蛇の「頭を踏み砕く(3:15)と描かれます。これは、女から生まれたイエス・キリストがサタンに勝利することを預言するもので、原始福音とも呼ばれます。

 

女へのさばきは、出産という最大の誇りと喜びに大きな「苦しみ」を加えることでした(3:16)。陣痛に苦しんだ方は、「エバのせいで私は・・」と嘆いていました。

また、「あなたは夫を恋い慕うが、彼はあなたを支配することになる」とは、愛を求めながら、そこに力関係が働くことですが、これは互いが自分を神としたことの当然の帰結です。そして、これは交わりを求めながら、交わりによって傷つけられるというすべての関係の原点でもあります。

 

また、土から造られた「(アダム)」に対しては、その源である「土地(アダマー)があなたのゆえにのろわれてしまった」ことで、「一生苦しんで食を得・・顔に汗を流して糧を得、ついには土(アダマー)に帰る」と宣告されました(3:17-19)。私たちは、本来、神のかたちとして、仕事を喜ぶことができたはずでした。仕事に苦しみとむなしさが入ってきたのは、アダムが自分を神のようにした結果だったのです。

そして、今、自分を神として生きようとするすべての人は、一見、たくましく生き生きと仕事をしているようであっても、それによって心の渇きが増し加わるだけで、真の喜びを体験することができなくなります。

そして、最後に、「あなたはちりだから、ちりに帰らなければらない」と言われます。人は「ちり」として創造され、神の息を受けて「生きもの(生けるたましい)」になったのですが、神との交わりを自分から切った人間は「ちり」のような無価値な、「生けるしかばね」のような存在になったということです。

 

ところが、人は、「必ず死ぬ」とのことばに対抗するように、妻を「エバ(いのち)」と名づけます(3:20)。それは、名付け親としての支配権とともに、新しい命を生み出して死を乗り越えようとする意思の表明でもあります。

それにも関わらず、(ヤハウェ)は、彼らが恥じて逃亡せずに済むように、「皮の衣を作り、彼らに着せて」くださいました(3:21)。それは、彼らが立ち止まって、主に向き合うことができるようになるためでした。また、それは、神に逆らった結果で生まれた恥の感覚を大切にさせようとの主のあわれみでもあります。

私たちは、恥の痛みにおいて、自分の本質的に孤独で頼りない者であることを意識し、自分が根源において、神から引き離された存在であることを覚えることができます。人は、痛みを感じなければ、救いを求めることもないのが現実だからです。

なお、「皮の衣」という表現に、神が人をご自分の前に立たせるために、動物を犠牲としたという「痛み」を読むこともできます。

 

ただし、同時に、主(ヤハウェ)はご自身のことばを偽ることをできませんから、御心を痛めながらも、人間をエデンの園から追い出しました。主はかつて、「それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ(2:17)と言われましたが、それがこのとき成就したのです。

今、エデンの園の外に住むすべての私たちは、「必ず死ぬ」ように定められています。それをパウロは、「罪によって死が入り、こうして、死が全人類に広がった(ローマ5:12)と語っています。

 

「ちり」に過ぎない人間が永遠に生きる可能性があったのは、「いのちの木」がエデンの「園の中央(2:9)にあって、それを食べることが許されていたからですが(2:16)、主はこのとき、「いのちの木への道」を封じられました(3:24)。そして、その道を開いてくださったのがイエス・キリストです。

そして、イエスは終わりの日に、「勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう(黙示録2:7)と約束してくださいました。

 

もし、私たちが自分こそがアダムの子孫であることを認め、自分の努力では自分を救うことができないとイエスにすがるときに、主は、「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない(ヘブル13:5)と安心させてくださいます。

恥の感覚は、「見捨てられ不安」とも表現されることがありますが、イエスにつながる者は、見捨てられる心配はないのです。そして、十字架にかけられ死んで、復活されたイエスは、私たちに、「見よ。わたしは世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます」(マタイ28:20)と約束してくださいました。

ですから、もう死の力が、私たちと神との交わりを引き裂くことはできません。それこそが、キリスト者に与えられた「永遠のいのち」の意味です。

 

2. 「エデンの園の外での悲劇」

  4章の悲劇は3章の必然的な結果です。アダムとエバはかつて、「ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいとは思わなかった(2:25)という調和の中にありましたが、今や、互いの弱さを隠し、互いに責め合う関係になってしまいました。そこから最初に生まれ育った人間であるカインは、弟を殺す者に成長しました。

今も、残忍な人は、争いに満ちた家庭から育っています。また、悲惨な戦争に人々を駆り立てた独裁者も、愛のない家庭から育っています。つまり、究極的には、国と国との戦争の原因は、アダムとエバとの関係にまでさかのぼることができます

 

ただし、育った環境が人の性質をすべて決定するわけではありません。エデンの園の外での厳しい生活で、カインは怒りを貯めこみ、アベルは謙遜を学んだからです。それが献げ物に現われました。

カインの献げ物を神が退けられた理由は、神が「地の作物()よりも「羊の初子()を喜ばれたからではありません。受け入れられなかった理由は、「カインはひどく怒り、顔を伏せた(6)という結果からさかのぼって初めて分かります。

(ヤハウェ)は、「あなたが正しく行なったのであれば、(顔を)上げられるはずではないか(7節別訳)と言われましたが、もし、彼が真心から献げたのであれば、主に向かって正々堂々と理由を尋ねることができたはずだからです。

 

その上で主は、「ただし、あながた正しく行っていないなら」と同じことばを繰り返しながら、「罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている」と、男女関係のことば(3:16)を用いながら警告されます。

これは、神に正しい心構えで近づいて行かないなら、罪の誘惑に負ける可能性があるという意味です。ただ、ここでは、被害者意識に流されないようにと、「だが、あなたは、それを治めるべきである」と敢えて、カインに警告されています。

 

これ以前からカインは、主に対してもともと怒っていながら、それを主に正直に言い表すことができずに、ここで、しぶしぶ献げ物をしたのではないでしょうか。まるで、嫌な上司に仕える部下の気持ちです。

そして、貯めこまれた怒りは、はけ口を求めます。カインは、神に向けるべき怒りをアベルにぶつけて、だまし討ちにしました。

 

  その後、それを見ておられた(ヤハウェ)は、アダムの場合と同じようにカインに問いかけますが、彼は、「知りません。私は、自分の弟の番人なのでしょうか」(4:9)と鉄面皮な答え方をします。彼も親に習って自分の罪を認めることができません自分を神のようにした者は、自分のことに関してはあらゆる言い逃れを見つけ出し、謙遜に謝罪することができません

それに対しては、「今や、あなたはその土地(アダマー)からのろわれている(4:11)と宣言されます。人は土地から造られたのに、神に背いた結果、土地のろわれ、今度は土地から「のろわれる」というのです。これは、本来、喜びのはずの仕事が、苦痛に変わり、やがては人格をも破壊するという悲劇です。

 

主のさばきを聞いたカインは、「私の咎は、大きすぎて担いきれません(4:13)と、ここにいたって初めて泣き言を言いますが、彼は自分の罪を本当の意味で認め、赦しを願っているわけではありません。ただ、「私に出会う者はだれでも、私を殺すでしょう(4:14)という自分の身の上の不安を訴えているだけです。

しかし、それに対し、主は、カインに「一つのしるし(4:15)を与えたとありますが、これがどのようなものかは分かりません。どちらにしても、カインを殺す者には七倍の復讐があるということを明らかにして、神は彼を守ると約束してくださったのです。

 

ただし、カインは、「地上をさまよい歩くさすらい人になる(4:12)ということばに反抗するように、「エデンの東」(昔の有名な映画タイトルの由来に定住します(4:16)。そればかりか、そこに町を立て、「自分の子の名にちなんで、その町にエノクという名をつけ」ます。これは、アダムがその妻をエバと呼んだパターンと同じです。

これはカインが、神のあわれみにすがる代わりに、自分の力に頼る生き方を子孫に受け継がせるという意味があります。

 

その後、アダムから七代目のレメクはふたりの妻をめとって一夫多妻の元祖になります(4:19)。これは、「ふたりは一体となる」という結婚に関する神のみこころに対する反抗です。

そして、彼らから家畜を飼う者()の先祖、音楽家の先祖(喜び)、鍛冶屋(武器)の先祖が生まれます(3:20-22)。なお、カインは初め「土を耕す者」でしたが、アベルを殺して土地にのろわれ、土地を耕すことができなくなり、その子孫は「家畜を飼う」ことで生計を立てたのでしょう。音楽を奏する者と鍛冶屋は、人間の力で生み出す文化の象徴です。とにかく彼らは主のさばきをものともせずに、「富」と「喜び」と「力」を獲得したのです。

 

そればかりか、レメクは自分のふたりの妻たちに向かって、「打ち傷」に対して殺人で応答したことを誇り、「カインに七倍の復讐があれば、レメクには七十七倍」と豪語しました(3:23,24)

七倍の復讐」は、神がカインを守るために明らかにしてくださった神からの「あわれみのことば」でしたが、レメクはそれを自分の復讐の権利と再解釈したばかりか、七十七倍の報復という徹底的な力による脅しの原理で人を抑えこもうとしました。

彼らは、主がすぐに悪をさばかれないことに安住し、主のことばを軽蔑し、夫婦関係や人間関係を、愛ではなくて力で築くことを願い、この地にますます悪を広げ、神が創造された世界を腐敗させていったのです。

残念ながら、神のあわれみを逆手に取ったレメクの原理が、今もこの地を支配しています。

 

3.セツの家系に見られる敬虔な生き方と堕落、そして一人の人から生まれる希望

   425節からセツの家系のことが描かれます。セツはアダムにとって、カインに殺されたアベルの代わりに、神から「授けられた」祝福の家系です。

なお、セツの子エノシュのときに(人々は)(ヤハウェ)の名によって祈ることを始めた」と記されます。これは、アダムの三代目に、カインの家系ではエノクの名にちなんだ町の名が付けられたのとは対照的に、アダムの三代目のセツの家系では、主への礼拝の文化が広がったということを意味します。

 

51節の「アダムの歴史」での歴史とは、24節の「天と地が創造されたときの経緯」の「経緯」と同じ原文です。「歴史の記録」のギリシャ語七十人訳を英語にするとBook of Genesisになります。

それに続いて、これまでの要約のような意味で、「神は人を創造されたとき、神に似せて彼らを造られ、男と女とに彼らを創造された」と記されます。そして、「彼らが創造された日に、神は彼らを祝福して、その名を人(アダム)と呼ばれた」という表現には、大きな希望があります。

私たちは「アダムの罪によって・・・」と、アダムから始まる「のろい」の連鎖に心が向かいますが、人(アダム)という呼び名には、神の祝福が込められているというのです。

そして、それを象徴するように、セツは、「アダムに似た、アダムのかたちどおりの子(5:3)として、神の似姿」と「神のかたち」を引き継いでいるというのです。そして、私たちもすべて、「神のかたち」「神の似姿」として創造された「高価で尊い」存在です。

 

ただその後の記述に、絶望が示唆されています。神は「善悪の知識の木から・・取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ(2:17)と言われましたが、創世記5章では、「・・年生きて、・・を生んだ。・・を生んで後・・年生き、息子娘たちを生んだ・・の一生は・・年であった。こうして彼は死んだ」という表現が九回、エノクひとりの例外を除いてノアに至る十代にわたって繰り返されます。

このように、「生きて、生んで、死んだ」という繰り返しを聞きながら、ふと「生きる」ことの意味を考えさせられます。

 

なお、エノクはアダムから計算すると七代目ですが、彼に関しては、「エノクは神とともに歩んだ」と描かれ、その結果、「神が彼を取られたので、彼はいなくなった」とエノク一人が死を免れたように描かれます。これは4章のカインの家系でのアダムから七代目レメクとは対照的です。

このことに関してヘブル書の著者は、「信仰によって、エノクは死を見ることのないように移されました・・・移される前に、彼は神に喜ばれていることが、あかしされていました」と記しています(11:5)

これは預言者エリヤが火の戦車と共に天に引き上げられたことに似ています(Ⅱ列王2:11)。そして、同時にこれはノアが洪水を通して救い出されることに結びつきます。

 

ところで、大洪水の前の寿命が平均九百歳と長かったのは、当時の地上が「大空の上の水(1:7)によって保護されていたためかもしれません。多くの科学者は、過去の地球に天候の激変があったことに同意しますが、それは、隕石の衝突というよりも、世界中に残っている洪水伝説が事実だったからと言えましょう。

 

   ところがその敬虔な家系も、「神の子らは、人の娘たちが、いかにも美しいのを見て・・自分たちの妻とした(6:1-4)という堕落に至ります。これは御使いが人の娘を妻としたのか、敬虔なセツの子孫が不敬虔なカインの子孫を妻としたのか見解が分かれます。

ただ、この文章では、「見ると・・美しく(良く)・・・(妻として)取った」と記され、36節で、女が善悪の知識の木の実を「見て、良い(美しい)ので、取って」食べたというのと同じ構造です。

どちらにしてもここでは、「神の子ら」は、「(アダム)の娘」の「美しさ」に憧れ、神のみこころに反した「雑婚」をし、大きく力強いネフィリム(6:4、民数13:33)が生まれるという様子が描かれています。「神のようになり、善悪を知るようになった」者たちは、「美しさや強さ」という価値観に支配され、人間的な基準で優劣を競い出したのです。

それに対して主(ヤハウェ)は、「わたしの霊は、永久には人のうちにとどまらないであろう。それは人が肉に過ぎないからだ」と言われます。「永久には」とは、322節での永遠に生きないように」するために「いのちの木」から取って食べられないようにしたというさばきと同じ表現です。人は、神からの息()がある限り生きますが、それが取り去られると「ちりに帰る(2:7,3:19、詩篇104:29)のです。

また、神がここで「人の齢は、百二十年にしよう(6:3)と言われたのは、人の寿命に限界を設けたというより、大洪水ですべてのものを滅ぼすまでの時間を指していると思われます。

 

そして、「(ヤハウェ)は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になって・・・地上に人を造ったことを悔やみ心を痛められた」と描かれます(6:5,6)

「悔やむ」の原語には「深く呼吸する」という意味があり、「哀しむ」「哀れむ」とも訳されます。神は心を痛めることなく、冷酷に「わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜やはうもの、空の鳥に至るまで」言われたのではなく、「わたしは、これらを造ったことを残念に思う(悔やむ)」とご自分の痛みの思いを繰り返して表現しながら、さばきを決断しておられます(6:)

 

しかも、この箇所は、「しかし、ノアは、主(ヤハウェ)の心にかなっていた」ということばで終わります。この世界にどれほど悪が広がっても、神は、ひとりの信仰者から、世界を造り変えることができます。

 

人は、「神のかたち」に創造されたのに、それに満足し、それを享受する代わりに、自分で「神のようになり、(自分を基準として)善悪を知る」ようになって、その祝福を失ってしまいました。

そこから罪が拡大し、アダムから七代目のレメクが主張した力と報復の論理は、今や、やくざの世界ばかりか、国際政治の常識のようになっています。

一方、セツから始まった家系では、カインの家系にあるような富も、音楽も、武力も描かれませんが、「主の御名によって祈る」「神とともに歩む」「主の心にかなう」という少数者による敬虔な生き方が強調されます。

人は生まれながら生存競走にさらされているかのように感じ、より強く、より美しく、より賢くなることに幸せの鍵がある?かのように誤解してはいないでしょうか。

しかし、(ヤハウェ)はたった一人との対話を望まれる方です。何と、一人の人の祈りから大洪水後の現在の世界が始まっているというのですから。世界の歴史を見ると、ほとんどの大きな過ちは集団の決定でなされています。しかし変化は、一人の神との対話から始まっています。その代表例はマルティン・ルター、米国の公民権運動の指導者マルティン・ルーサー・キング、南アフリカに白人と黒人の和解をもたらしたネルソン・マンデラ、ナイチンゲール、マザーテレサなどです。

他にも多くの例がありますが、富や力や美しさ、楽しさ心地よさの追求よりも、もっと根本的に大切なこと「神のかたち」に創造された者には問われているのです。

|

2014年7月13日 (日)

ヨハネ2章13-25節 「わたしは、三日で神殿を建てよう」  

ヨハネ2章13-25節 「わたしは、三日で神殿を建てよう」

                                                        2014713

イエスは生まれ故郷ナザレに近いガリラヤのカナで「最初のしるし(2:11)を弟子たちにわかるように行われました。それは何と、水をぶどう酒に変えるという、バプテスマのヨハネが聞いたら腰を抜かすような奇跡でした。

それは、神の国の祝宴をイメージさせるものでしたが、それは同時に、貧しいふたりの結婚の祝宴が台無しにならないようにと、日常生活のただ中に、神の祝福を表すことでした。

ドストエフスキーの未完の大作「カラマーゾフの兄弟」では、主人公のアリョーシャが修道院を出て、この世の荒波の中に単身で乗り出して行く勇気を与える物語でした。このカナの婚礼の奇跡は、私たちの中に「生きる力」(Let it goのテーマ)を湧き起こさせる力に満ちています。

 

そして、この福音記者が次に記したできごとは、イエスの最初の「宮きよめ」です。当時の神殿はユダヤ人にとっての大きな誇りであり、全世界に神の栄光を証ししている施設だと思われました。しかし、そこでイエスは、その神殿を「わたしの父の家」と大胆に言いながら、同時に、神殿の崩壊とご自身が神殿を完成する救い主であることを証ししたのです。

モーセが幕屋を建てたときも、ソロモンが神殿を完成した時にも、主の栄光の雲がその宮を覆いました。そして、当時のユダヤ人は、壮大な神殿に「(ヤハウェ)の栄光」が現されることを願っていました。そして、彼らが期待していた救い主こそ、主の神殿を主の栄光で包むという新しい時代をもたらす方と期待されていました。

 

1.「わたしの父の家を商売の家としてはならない」

カナの婚礼の後、イエスはしばらくガリラヤ湖のほとりの「カペナウムに滞在」します。そしてその後のことが、「ユダヤ人の過越の祭りが近づき、イエスはエルサレムに上られた」と記されます。

21節では、「それから三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって」と記されていますが、それは主と弟子たちがエルサレムに一日ぐらいの距離のヨルダン川の下流部分からガリラヤに向かったということでした。この旅はそのルートを逆に辿ったものです。

 

 エルサレムに到着したときに、イエスが取った行動は、不思議なほど激しいものでした。

そのことが、「そして、宮の中に、牛や羊や鳩を売る者たちと両替人たちがすわっているのをご覧になり、細なわでむちを作って、羊も牛もみな、宮から追い出し、両替人の金を散らし、その台を倒し、また、鳩を売る者に言われた。『それをここから持って行け。わたしの父の家商売の家としてはならない』」と描かれています。

 

当時の神殿は、イスラエルの庭、婦人の庭、異邦人の庭という三重の広場がありました。いけにえをささげる礼拝の場はイスラエルの庭でしたが、そこに異邦人が入ることは絶対に許されませんでした。

1220節に、「さて、祭りのとき礼拝のために上って来た人々の中に、ギリシャ人が幾人かいた」と描かれるのは、これから三年後の過越しの祭りのことで、そこにいたギリシャ人が神殿の外庭に入っていながらイエスに近づくことができずに、弟子のピリポに取り次ぎを願ったという話しです。


   なお、ここでイエスがこのような実力行使をされたのは、異邦人たちがイスラエルの神を知るようになり、遠い道のりをエルサレム神殿に来てせっかく礼拝に参加しようとしても、彼らは外庭までしか入ることができない上に、そこではユダヤ人の礼拝者の便宜を図るための商売が喧騒のうちに行われていたからです。静けさが求められるせっかくの礼拝の場は「商売の家」と化していました。

確かにユダヤ人たちは、たとえばガリラヤから来るときに、いけにえの羊や鳩を運んでくるのは大変ですし、途中で傷がついたらいけにえに不適格になってしまうので、神殿まで銀貨を持って来て、そこでいけにえに変えました。また、両替人がいたのは、当時の社会で通用していたローマ帝国の銀貨には皇帝の肖像が彫ってあって、献金にすることができなかったからです。

とにかく、そこにいた商売人は、ユダヤ人の礼拝者にとっては非常に便利な存在でした。

しかし、イエスはそれによって、異邦人の庭の静けさが奪われ、神を敬う異邦人を排除するような雰囲気が生まれるなら、それこそ本末転倒であると言われたのです。

 

出エジプト1956節には、イスラエルの民に律法が与えられる目的が、「あなたがたはすべての民の中にあって、わたしの宝となる。全世界はわたしのものであるから。あなたがたはわたしにとって祭司の王国、聖なる国民となると記されていました。

ユダヤ人は、異邦人に自分たちの神ヤハウェを証しするために、律法の規定が与えられているのに、それを用いて、異邦人の礼拝を妨害するなどということは決してあってはならないことでした。

 

三年後にもイエスは同じような実力行使を行ないますが、その際イエスは、「わたしの家はすべての民の祈りの家、と呼ばれる」と言われました(マルコ11:17)。

それはイザヤ5667節のことばからの引用でしたが、そこでは明らかに、「主の名を愛して、そのしもべとなった外国人・・・を、わたしの聖なる山に連れて行き、わたしの祈りの家で彼らを楽しませる。彼らの全焼にいけにえやその他のいけにえは、わたしの祭壇の上で受け入れられる。わたしの家は、すべての民の祈りの家と呼ばれるからだ」と記されていました。

 

イザヤ書が記された時には、異邦人の庭やイスラエルの庭という区別はありませんでした。それはエゼキエル40章以降に記された神殿に関する預言をヘロデ大王や当時のユダヤ人が自分たちに都合よく解釈して作り上げたものに過ぎませんでした。

エゼキエル預言にあった神殿は、主ご自身が彼に見せた幻で、その最後は、「主の栄光が東向きの門を通って宮に入ってきた・・・主の栄光は神殿に満ちていた」と描かれていました。

そして、壁の厚さや門の長さばかりが強調されている宮の構造の目的は、聖なるものと俗なるものを区別し、この世の力や富の論理が神殿の中に入りこまないようにためでした。

 

しかし、当時のユダヤ人は、エゼキエルの構造を真似ながら、そこを「商売の家」にしてしまったのです。

 

かつてソロモンが主の宮を建てたとき、「あなたの民イスラエルの者ではない外国人についても、彼があなたの大いなる御名と、力強い御手と、伸べられた腕のゆえに、遠方の地から来て、この宮に来て祈るとき、あなたご自身が、あなたの御住まいの所である天からこれを聞き、その外国人があなたに向かって願うことすべてをかなえてください(Ⅱ歴代誌6:32,33)と祈っていました。

ソロモンの神殿は外国人のためにも開かれていたのです。根本的な問題は、ヘロデ大王が当時建てた神殿には、神の臨在のしるしとしての契約の箱がないまま、ユダヤ人と外国人の区別をつける庭の分離構造ばかりがエゼキエルの預言に従って建てられていたということです。

神の臨在に近づくという意味がないまま、外国人の排除ばかりが先行するというのは本末転倒もはなはだしいことです。

 

2.「あなたの家を思う熱心がわたしを食い尽くす

イエスの実力行使を見た「弟子たちは、『あなたの家を思う熱心がわたしを食い尽くす』と書いてあるのを思い起こした」(2:17)とありますが、これは詩篇699節からの引用です。

そこではダビデが、主に向かって、あなたのために私がそしりを負い、この顔は侮辱に覆われています・・・私の兄弟からは、のけ者にされ、同じ母の子らにさえ、私はよそ者です。あなたの家に対する情熱が、私を食い尽くし、あなたをそしる者たちのそしりが、私に振りかかりました」(7-9節私訳)と祈っています。

つまり、主の家を思うイエスの熱心が、ご自身を人々の怒りや中傷を受けるという困難な立場に追いやるというのですが、そこでイエスが受ける「そしり」とは、神への「そしり」であったというのです。それは、イエスの行動が、人々の心の奥底にある神への怒りを目覚めさせてしまうからとも言えましょう。

 

この同じ詩篇のみことばを引用しながら使徒パウロは、「私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益になるようにすべきです。キリストでさえ、ご自身を喜ばせることはなさらなかったのです。

むしろ、『あなたをそしる人々のそしりは、わたしの上にふりかかった』と書いてあるとおりです」と記します(ローマ15:2,3)

 

このキリストの姿に習った人に、ダミアン神父がいます。彼はベルギー生まれの司祭で、ハワイに遣わされていました。ハワイ島で任された教会で誠実に仕えて10年たった頃の1873年の事ですが、ハワイでハンセン病が広がり、隔離政策が非常に厳しくなりました。ハンセン病と診断された人は、すぐにモロカイ島という孤島に送られることになりました。

そこで、彼の教会の祭壇を花で飾ってくれている忠実な信者が、病を発症し、島に送られることになりました。彼は、港に彼女を見送りに行き、彼女のために祝福を祈ろうとしました。

すると、彼女はダミアンの手を払いのけて、「祝福なんていらない。私はもう祈ろうとも思わない」と言いました。彼女は続けて、「神が私を見捨てたから、私も神を見捨てる」と泣いていました。

ダミアンは、「違う、神様は決してあなたを見捨てたのではない」と言いましたが、彼女は、「それじゃ、どうして神父さんがひとりもいない島に、私たちを送るようなことをするのか。死を待っている病人にこそ、神父が一番必要ではないですか。私たちの魂の救いはどうなるの」と叫びました。

 

ダミアンは、それを聞きながら、「神様から見捨てられたと思う痛みを誰よりもお分かりになるイエス様、どうして黙っておられるのですか。何とかできないのですか」と必死に祈りました。

しばらく祈った後、不意に彼は啓示を受けたように顔を上げました。彼の心に、「僕がモロカイ島に行けばよいのだ・・・こんな単純なことに、なぜ今まで気づかなかったのだろう・・」という考えが閃いたからです。

そして、「モロカイ島に行こう。神様が彼らを見捨てられたのではないということを証しするために。何というすばらしい使命が自分を待っているのだろう」と思いながら、とっても幸せな気持ちになったとのことです。

しかし、それからの修道会や役所との交渉が非常に大変だったばかりか、それが英雄的な行為として称賛される一方、当時の社会システムを破壊する身勝手な行為として様々な非難も受けました。

ようやく島に派遣され、働きを始めることができましたが、島に到着して七か月がたっても、ダミアンに叫んだ女性は教会に来ませんでした。しかし、彼女は、自分の死が間近に迫ってきたときになって、ようやくダミアンに使いを送ってきました。

彼がそこを訪ねると、彼女は、「『私は二度と祈るまい』と心に決めていたので、教会に来られなかった。でも、最後にやはり祈ってもらいたくなった。神は私を赦してくれるかしら」と尋ねました。

ダミアンは、「君は神様から離れていたんじゃない。祈るまいと決めてから、どんなに苦しかったろうね。言葉にしなくても、その苦しみは立派に、君の祈りだよ。だから何も心配しなくていい」と答えました。

それを聞いた彼女は、「神は私をお見捨てにならなかった。あなたがそれを証ししてくれました」と言って、ほんとに平安のうちに息を引き取ったとのことです。

 

ヘロデが大拡張工事を行なった神殿には一度も神の栄光が現れることはありませんでした。当時のユダヤ人たちは外面的な荘厳さによって、神の栄光を現そうとしていました。しかし、神の栄光はイエスを通して現されました。それは徹底的に社会的弱者に寄り添うということを通してでした。

また、現代も、「神の栄光」というのは、だれもが称賛する偉大な働きというよりは、人々の誤解や中傷を受けながら、ダミアンのように、「神は私たちとともにおられる」(インマヌエル)という真理を、徹底的に目の前の人の心に寄り添うことの中にこそ現されるのです。

 

3.「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう」

弟子たちが思い起こし、パウロが引用した詩篇699節の後半には、「神をそしる人々のそしりが、イエスに降りかかったという趣旨のことが預言的に記されていました。

当時のユダヤ人たちは、心の底で、神が彼らをローマ帝国の支配下に置いたまま沈黙しておられることに怒りを感じていたことでしょう。そこには、神が遠く離れておられることへの嘆きがありました。一方で、神殿の構造に、異邦人が決して入ることが許されない「イスラエルの庭」を仕切りながら、神の民としての誇りを保とうとしていました。

 

ところが、イエスは傲慢にも、神殿をわたしの父の家」のなどと呼びながら、秩序を否定しました。神の不在を嘆く人々の中で、彼らの神を「わたしの父」と呼び、神殿を自分の家であるかのようにふるまったのです。

当時のユダヤ人たちは神の不在に嘆きながら、神が神殿に帰ってくるための道備えをしているつもりでした。しかし、それこそが、神のご計画に逆らう行為だったのです。そして、当時の宗教指導者の誤った方向での熱心さが、イエスを十字架にかける方向へとこのときから向かって行きました。

 

そのときユダヤ人たちはイエスに向かって、「あなたがこのようなことをするからには、どんなしるしを私たちに見せてくれるのですか」(2:18)と尋ねました。それはイエスが明らかに神殿を完成する救い主、またはイスラエルの王であるかのように振る舞っていたからです。

それに対し、イエスは彼らに答えて、「この神殿をこわしてみなさいわたしは、三日でそれを建てようと驚くべきことを言われました(2:19)

なおこのことばは、イエスの裁判の際に、イエスを訴える者たちが、「私たちは、この人が、『わたしは手で作られたこの神殿をこわして、三日のうちに、手で造られない別の神殿を造ってみせる』というのを聞きました(マルコ14:58)と言い換えられて、イエスを訴える材料にされました。

しかし、イエスはこのとき、ご自分が神殿をこわすと言われたのではなく、彼らに「この神殿をこわしてみなさい」と皮肉を言ったのです。その上で、「わたしは、三日でそれを建てよう」と言われたということでした。

 

それに対しユダヤ人たちは、「この神殿は建てるのに四十六年かかりました。あなたはそれを、三日で建てるのですか」と、驚いて尋ねました。

この「四十六年」から、このときの年代を計算できます。ヘロデ大王がエルサレム神殿の拡張工事に着手したのは彼の支配の18年目のことで、それは紀元前20年または紀元前19年のことです。それから46年たつと、紀元27年ないし28年になります。

しかも、このとき、神殿拡張工事はまだ続いていました。それが完成するのは、このときから36年後の紀元66年です。ただし、神殿は完成の四年後には廃墟とされます。

何と皮肉なことでしょう。ユダヤ人たちは、情熱を傾けて神殿拡張工事に励んでいました。しかし、それは神のみこころに反した努力だったというのです。そして、彼らのそのような人間的な情熱がイスラエルをローマ帝国からの独立運動に駆り立て、自滅へと突き進ませます。

イエスが、「この神殿をこわしてみなさい」と言われた時、彼らが愚かな戦争によってこの神殿を崩壊に持って行こうとしていることが見えていたということではないでしょうか。

 

   そして、聖書記者は、「三日で建てる」ということの意味を、「しかし、イエスはご自分のからだの神殿のことを言われたのである。それで、イエスが死人の中からよみがえられたとき、弟子たちは、イエスがこのように言われたことを思い起こして、聖書とイエスが言われたことばとを信じた(2:21,22)と描きます。

これは明らかにイエスが十字架で死んで、三日目に復活することこそが、神殿の完成をもたらすという意味です。そしてイエスの弟子たちは、イエスの復活を見て初めて、このことばの意味を悟ったというのです。それまでに約3年間が必要でした。

 

福音記者は少なくとも、イエスのことばの意味を分からないままに、心に刻んでいて、イエスの復活を見て初めて意味を理解しました。

私たちにとってもわからない聖書のことばが数多くあります。それはひょっとしたらイエスの再臨まで分からないことかもしれません。しかし、分からないことは分からないままに、下手な解釈をせずに心に貯えておくことが大切です。意外に多くのことを、神がどこかの時点で、あなたに知らせてくださることでしょう。

 

4.「イエスは・・・だれの証言も必要とされなかった」

その上で、「イエスが、過越の祭りの祝いの間、エルサレムにおられたとき、多くの人々が、イエスの行われたしるしを見て、御名を信じた。しかし、イエスは、ご自身を彼らにお任せにならなかった」と描かれます(2:23,24)

明らかにイエスは、このときエルサレムにおいていくつかのしるしをおこなっていたことでしょう。なぜなら、ニコデモもこのすぐ後に、「神がともにおられるのでなければ、あなたのなさるこのようなしるしは、だれも行うことはできません」(3:2)と言っているからです。

ご自身を彼らにお任せにならなかった」とは、イエスはまだ当時のユダヤ人たちの自分に対する信仰を信用していなかったという意味です。イエスの福音は、直接の弟子たちにとってさえ復活以降にならなければ理解できないことでした。イエスは、人々の心のかたくなさを良く知っておられました。

 

そのことが続けて、「なぜなら、イエスはすべての人を知っておられたからであり、また、イエスはご自身で、人のうちにあるものを知っておられたので、人についてだれの証言も必要とされなかったからである(2:24,25)と描かれています。

残念ながら、イエスの福音は、この世的な勝ち負けや成功の論理では測りがたいものです。当時のユダヤ人たちは、エルサレム神殿を世界の奇跡として誇っていました。それは当時の輝かしい神殿を見た者は同じ感想を抱いたことでしょう。まさに、「人はうわべを見るが、主は心を見る(Ⅰサムエル16:7)と言われる通りです。

 

後に使徒ペテロは、「主のもとに来なさい。主は、人には捨てられたが、神の目には、選ばれた、尊い、生ける石です。あなたがたも生ける石として、霊の家に築き上げられなさい。そして、聖なる祭司として、イエス・キリストを通して、神に喜ばれる霊のいけにえをささげなさい(Ⅰペテロ2:4,5)と述べました。

それは、ヘロデ大王が建てたような豪華なエルサレム神殿を建てる代わりに、キリストにつながる私たち自身が、「生ける石」として、キリストのからだとしての教会を建て上げるという意味です。

イエスは人々から見捨てられた石でしたが、それは新しい神の家の礎の石となりました。そして、「彼に信頼する者は恥をこうむることがない(2:6別訳)と言われます。

 

なお、イエスはこのとき「だれの証言も必要とされなかった」と記されていますが、今は違います。なぜなら、イエスは私たちひとりひとりの心の中にご自身の聖霊を与え、私たちの信仰を信用できるものへと変えてくださったからです。

ペテロはそれを前提に、「あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。あなたがたは、以前は神の民ではなかったのに、今は、神の民であり、以前はあわれみを受けない者であったのに、今はあわれみを受けた者です」(Ⅰペテロ:9,10)と述べました。

 

イエスが宮清めを行なったのは、異邦人をも含めた「すべての民の祈りの家(マルコ11:17)に静けさを回復するためでした。

イエスは「神の家」に異邦人を招きいれるために神殿の権力者と衝突しました。しかし、それはさらに、目に見える神殿を超えた霊の家に、ユダヤ人と異邦人との共同体としての「神の家」を建てるためだったのです。

 

主がイスラエルの民に幕屋の建設を命じたのは、ご自身が彼らの真ん中に住んでくださるということを、目に見える形で現すためでした。そこにエルサレム神殿の本来の意味がありました。

しかし、当時のユダヤ人は、神の御子がその神殿に戻って来られたのに、その方を十字架にかけて殺しました。その結果として、エルサレム神殿は神殿拡張工事完成後まもなく廃墟とされました。しかし、その前にイエスは、「わたしは、三日で神殿を建てよう」と言っておられました。

それはイエスの復活によって、「ご自分のからだの神殿」としての「キリスト者の共同体」が建てられたことを意味しました。主の臨在は、私たちがイエスに習って自分を無にして仕え合う中に現されています。

|

2014年7月 6日 (日)

創世記2章4節~3章24節「神のようになることの悲劇」

                                                    201476

神は調和に満ちたすばらしい世界を創造してくださいました。しかし、この地には今、混乱と争い、不条理があります。それは人間が神のかたちとして生きるのをやめてしまった結果です。

それにしても、私は昔、「神はなぜ禁断の木の実をエデンの園に置いたのか?」と神の善意を疑っていました。しかし、それこそアダムと一体化した気持ちだとわかりました。これは、過去の御伽噺ではなく、歴史を超えた私たち自身の人生の生きた物語でもあります。

 

なお、23節までは「神」(エロヒーム)という普通名詞が35回も繰り返されましたが、24節以降は、3章末までに「神である(ヤハウェ・エロヒーム)という表現が20回、4章では「(ヤハウェ)10回繰り返されます。著者は明らかにことばの使い分けをし、これらをセットの物語としています。

24節以降で、神の名が異なっていることに関し様々な解釈がありますが、1章では、神が創造主であることに目が向けられる一方で、ここではパーソナル(人格的)な交わりが強調されるという主題の違いにこそ目を留めるべきでしょう。神がご自身の名を紹介しつつ、人に個人的に語りかけながら、世界の始まりを「人の創造」という観点から説明し、その上でその堕落を描いているのです。

 

1. エデンの園での祝福とそれを失う可能性

24節の「経緯」とは、ギリシャ語七十人訳でGenesisと記され、本書の英語の書名の由来です。これは「歴史」とも訳され11回登場し、これをもとに創世記を十二に区分けすることもできます(次は51)

その上で、4節後半では、「神である主(ヤハウェ・エロヒーム)が地と天を造られたとき」と、地の創造に焦点が向かいます。そして、この初めの時の状態が、「地には、まだ一本の野の灌木もなく、まだ一本の野の草も目を出していなかった。それは、神である主(ヤハウェ・エロヒーム)が地上に雨を降らせず、土地を耕す人もいなかったからである(2:5)と描かれます。

これは、神が地に植物を生えさせたのは、そこを耕す人間の創造を前提としてのことであるという驚くべき記述です。

 

創造主は人間がご自身の代理としてこの地を治めるということを前提として、地に植物を生えさせたというのです。人は自然界の進化の結果として生まれたのではありません。

12728節には、「神のかたち」としての人の創造の目的が、「地を満たせ。地を従えよ・・・すべての生き物を支配せよ」と記されていました。この地の祝福の鍵は、人が「神のかたち」として生きることにあり、地の様々な問題は、人が「神のかたち」として生きることを止めた結果と言えます。

だからこそ、「被造物も切実な思いで神の子どもたちの現れを待ち望んでいる」と言われます(ローマ8:19)。これは人が「神のかたち」として生き方を完全に回復することが世界全体の祝福につながるという意味です。

 

その上で、人の創造が、「神である(ヤハウェ・エロヒーム)は、土地(アダマー)からのちりとしての人(アダム)を形造りthe man of dust from the ground)」と描かれ(私訳)土地(アダマー)(アダム)との密接な関係が強調されます。

これは124節で、「地が、種類に従って、生き物を生ぜよ」と記されていたように、その由来が土地にあると言いながら、何よりも人間が土地に依存して生き、また物理的な個体としての人間は「ちり」に過ぎないということを描いたものです。

しかし同時に、主ご自身が「その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで人は生きものとなった」と記されます(2:7)。まさに、主の御顔が人に触れ、そこにご自身の息が吹き込まれたというのです。

ですから、ここでは、人のすばらしさは、個体としてよりは、神と顔と顔とを合わせる関係にあるということが強調されていると言えます。

 

そして、(ヤハウェ)は、エデン(喜び)に園を設けますが(2:8)、不思議にも人の創造の後に、「その土地から、見るからに好ましく食べるのに良いすべての木を生えさせた」と描かれ(2:9)、また「園の中央には、いのちの木、それから善悪の知識の木を生えさせた」と記されます。この二つの木が、後の人間に大きな意味を持ちますが、ここでは単に、「見るからに好ましい」木々の代表として描かれています。

そして、10節では、「一つの川が、この園を潤すために、エデンから出ており、そこから分かれて、四つの源となっていた」と記されます。これは「水が地から湧き出て(2:6)ということをより詳しく描いたもので、ここで強調されているのは、エデンから世界を潤す四つの大河の水が湧き出て流れ出るという点ですから、現在の地理でその場を捜すことには意味がありません。

また、終わりの日には、エルサレム神殿から湧き水が流れ出て世界を潤し、癒すということが、エゼキエル47章、ゼカリヤ14章に記されています。これも、現在の地理的なエルサレムと考えることには無理があります。なぜなら、黙示録では、その「聖なる都、新しいエルサレムが・・神のみもとを出て、天から下って来る(21:2)と描かれているからです。

 

私たちは、目に見えるこの地の歴史を超えた、神のご支配に思いを向ける必要があります。神の目から見た世界の歴史は、「エデンの園」から始まって、「新しいエルサレム」で完結するということを心に刻む必要があります。

とにかく、エデンの園において、人はその地を管理するというすばらしい働きが委ねられました(2:15)。しかも、そこには耕す前から「食べるのに良いすべての木(2:9)が生えていました。人は、そこで、神との交わりを喜び、世界を喜ぶことができていたのです。

私たちは心のどこかで、「この世界は本来のあるべき姿ではない・・・」という思いを持ってはいないでしょうか。それは失われたエデンの園への憧れが、人の心の奥底に刻まれているからでしょう。

 

 主(ヤハウェ)はそこで、「あなたは園のどの木からでも思いのまま食べて良い」という祝福の命令とセットで、「善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ」という限界を設けられました(2:1617)

しばしば、「なぜ神はそんな危ないものを園の真ん中に置いたのか?」と言われますが、この文脈全体では、「思いのまま食べて良い」という祝福こそが強調されています。そして、その祝福を意識できるために、それを失う可能性が述べられているのです。それは、広い宇宙のどこにも、この地球のような環境を発見できないと分かって初めて、空気のありがたさを意識できるようなものです。

またこれは、結婚指輪にもたとえられます。そこには、すばらしい祝福と合わせて、「浮気をしない」という誓約が込められています。この木は、神と人の関係を豊かに保つための、超えてはならない限界を示すとともに、神の側からの、愛の誓約のしるしでもあります。

 

2.エデンの園の調和のシンボル 互いを恥じない

  一方で、主は、「土からあらゆる野の獣と、あらゆる空の鳥を形造られ」ますが、人をそれらすべての生き物の名付け親にしてくださいました(2:19)。それは、人が「すべての生き物を支配する(1:29)ということの象徴です。

この直後に、人は、「善悪の知識の木」を、「賢くするというその木(3:6)と見てしまいますが、人は最初に創造された状態のままで十分に賢く、すべての生き物に名をつけることができるほど創造的な知性が与えられていたのです。

 

   ところで、(ヤハウェ)は、「人が、ひとりでいるのは良くない・・・ふさわしい助け手を造ろう(2:18)と言われ、女を、人の「あばら骨」から造られました。「助け手」ということばは、神を指す場合もありますし、また「あばら骨」という素材は、「土」よりも上等とも言えますから、ここに、女が男に劣っているという響きを読み取る必要はありません。

それよりもここは、女は男と一体になる者として創造されたという関係が強調されています。ですから、人はこの時、女を見て「私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男からとられたのだから(2:23)と言いました。

はヘブル語で「イシャー」と呼ばれ、「イーシュ」の女性形という響きがあります。男は女を自分と同じ「神のかたち」に創造された尊い存在の女性形、自分と同じ骨と肉を持つかけがえのないパートナーとして喜んだのです。

 

その上で、「それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となる(2:24)という人類一般におよぶ記述がなされます。すべての夫婦関係は、この初めの男と女の創造の原点に立ち帰るからです。

夫婦関係は親子関係に優先します。人の始まりは、一組の夫婦だったからです。実際、多くの夫婦関係の亀裂は、親離れができていないことから始まっています。

今も、「自分の家に嫁を迎える」という発想で結婚する人がいますが、神は三千数百年前の人に向かって既に、結婚とは、ふたりでまったく新しい家庭を築くことであると説いているのです。

 

しかも、「そのとき、人とその妻は、ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいとは思わなかった(2:25)と記されますが、これこそエデンの園での平和を描いた象徴的な表現と言えましょう。

彼らは、互いの欠けを補い合う関係にありましたから、自分の弱さを隠す必要がありませんでした。人間の歴史は、調和に満ちた一組の夫婦から始まりました。そして、「新しいエルサレム」では、欠けのあった愛の交わりが完成する状態として描かれています。

 

なお、人は、個体として完全というより、「土の器(Ⅱコリント4:7)に過ぎない者であり、息を吹き込んでくださったに見守っていただくことなしにこの地を治めることはできませんでした。

また人は「ひとりでいるのは良くない」者として創造されています。しかも、人以外のすべての被造物は、「助け手」にはなり得ません。ですから、結婚に限らず、人は、互いに愛し合い、助け合う者として創造されたことを忘れてはなりません。

 

3. 善悪の知識の木の実を取って食べることの意味

   3章の初めのことばは、原文で、「さて、蛇がいた。それは神である主が造られた野の獣のうちで最も賢かった」と記されています。「蛇」は、最も「賢い」(元来は中立的な意味)獣ではありましたが、人が名づけた獣、また人が治めることができるはずの「野の獣」でした。

私たちは、「サタンが女を誘惑した」と理解しますが、ここではそのようには記されていません。それは人が、自分をサタンの犠牲者として、被害者意識に流され、自分に責任があるということを忘れないためです。

しかも、この構図は、現代も続いていることです。すべての偶像礼拝の基本は、神との対話を避けて、神の被造物と対話をすることに始まります。それは、神社で狐にお伺いを立てることから、ニューエイジでの「宇宙との対話」に至るまで、すべての原則は同じです。

しかも、蛇の最初の話し相手は、神の命令を直接聞いた男ではなく、後に造られた女でした。そしてその上で、女が男を誘い、男は神に背きます。ですから、ここで描かれていることの中心は、何よりも創造の秩序が崩されたということにあるのです。

 

   蛇は、明らかに間違いと分かる質問を、「ほんとうに神は言われたのですか、園のどんな木からも食べてはならないなどと・・・(3:1私訳)と、投げかけて警戒心を解きつつ、神のことばを自由に解釈する誘惑の中に女を招き入れました。女がいい気になって蛇に答えた時点で、神の命令は、過保護な母親のことばのように変えられています。

まず、園の中央に置かれたのは、「いのちの木」なのに、女は「善悪の知識の木」を園の中央に置かれたと言い換えてしまっています。

また、主は、「それに触れてもいけない」などとは言っておられませんし、「死ぬといけないから」ではなく、「必ず死ぬ」と断言しておれました。

今も、聖書のことばを、文脈を無視して読んだあげく、あいまいな記憶のままで思い巡らしたり、人との会話に持ち出し、「神は、人を束縛する意地悪な方!」という勝手なイメージを作り上げて、つまずく人が後を断ちません。

蛇との対話に夢中になった女は、自分の知性に頼って神のみことばを分析しだしました。彼女は、神のみことばを直接に聞いた男に相談しようとも思いませんでした。

また、男もあっけにとられて傍観しているだけで、この異常な構図を止めようともしなかったのかも知れません。

 

とにかく、蛇は、女を自分の土俵に招き入れることに成功しました。その上で、蛇は、「あなたがたは決して死にません(3:4)と断言し、神のことばを覆し、その上で、「それを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになると甘い約束を加えます。

これは、新興宗教のマインドコントロールに足をすくわれる知的能力の高い人のパターンかも知れません。しかも、これは完全な嘘ではありません。神ご自身が、「見よ。人はわれわれの一人のようになり、善悪を知るようになった(3:22)と認めておられるのですから・・・。

 

そしてその次の事が、「そこで女が見ると、その木はまことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった」と記されますが、この表現は、「賢くする」という言葉以外は、29節で「見るからに好ましく食べるのに良い」という園の中の「すべての木」に相当する表現です。

つまり、女の目には、すべての好ましい木は視界の外に外れ、「食べてはならない」と言われた木しか目に入らなくなったということなのです。

私たちの場合も、すぐに手に入る祝福は、無価値なものに見え、禁止されたことばかりに欲望が湧くということがあります。

 

蛇の誘惑の根本は、神の禁止命令を女の目の当たりに置き、禁止命令によって欲望をかきたてることにありました。

このときに女に必要だったのは、他のすべての園の木から思いのまま食べて良いという神の愛の語りかけを思い起こすことだったのです。禁止命令にではなく、祝福の教えにこそ目が向けられる必要があったのです。

 

   その後、「それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、夫も食べた」ということが起き、その結果が、「このようにして、ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが裸であることを知った」と描かれます(3:7)

つまり、彼らは確かに、その実を食べたことで、「目が開け・・・知る」ようになったのですが、現実に起きたことは、「賢くなる」ことではなく、「裸であることを知る」ということでした。

そしてその結果、「彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った」という状態に至りました。それは、「互いの裸を恥じることがなかった者」が、「互いの裸を恥じる者となった」ということ、つまり、エデンの園での調和が失われたということではないでしょうか。

かつては、彼らは、互いの弱さ知ることが、互いに助け合うということの始まりとなりましたが、今は、「弱みを見せたら、つけ込まれる・・」というような関係になってしまいました。彼らが作った「腰のおおい」は、衣服の始まりですが、私たちも様々な肩書きや経歴を着ることによって自分を装ってはいないでしょうか。

 

しかも、彼らは創造主に対しても、「私は裸なので、恐れて、隠れました」(3:10)と言いました。裸は、神に創造されたままの姿なのに、それを恥じているのです。それは、裸には、自分の弱さを明るみに出すという意味があるからです。

しばしば誤解されますが、アダムは、「私は罪を犯したので、恐れて、隠れました・・」と言ったわけではありません。良心の呵責に悩んでいるのではなく、自分の弱さがあらわになっていることに恐怖を覚えているのです。

 

恥の感覚は罪の意識より根源的なものということができます。多くの日本人は、良心の呵責以前に、恥じることや辱められることを恐れますが、その始まりがここに記されています。

私は聖書との無縁の世界で育ち、両親からは、「そんなことをしては恥ずかしい・・・」というような教育を受けてきました。そのため、罪責感から神の赦しを求めるという感覚は心の底に落ちにくく、クリスチャンになっても、「自分は罪意識が希薄だから十字架の赦しが腹の底に落ちない」などと悩んでいました。

しかし、この創世記の記事が分かったとき、恥の感覚から人間の堕落と救いを理解できるようになり、福音を自分の腹の底から理解できる道が開かれました。 

 

4.「神のかたちの喪失とエデンの園からの追放」 

(ヤハウェ)は、彼らのすべての行動を見ておられましたが、そよ風の吹く夕方まで待っておられました。しかも、「彼らは園を歩き回られる神である主(ヤハウェ・エロヒーム)の声()を聞いた」とあるのは、主がわざと音を出しながら、彼らの応答を待つかのように近づいてくださったという意味です。

主はその上で、「あなたは・・食べたのか?」と事実のみを尋ねられました。それらすべての意味は、人が自分の犯した罪を認めて、自分の方から告白する機会を与えるためでした。

ところが、人は、自分の罪を認める代わりに、「あなたが私のそばに置かれたこの女が・・」と、女に責任転嫁をしたばかりか、その創造主である神を非難しました(3:11,12)

つまり、罪責感に悩んで神の救いを求めはしなかったというのが、善悪の知識の木から取って食べたことの結果でした。その意味で、罪責感に悩んで救いを求めたわけではなかった自分は、まさにアダムと同じでした。

これによって私は、創造主を知らない日本人の子孫であるという以前に、アダムの子孫であり、聖書はそんな私のために記されているということが分ったのです。

 

責任」は、英語でResponsibilityと表現されますが、これはResponse(応答)するability(能力)を意味します。これこそ、「神のかたち」の基本です。

ところが、人は、神の問いかけに正面から答える代わりに、自分を「無力な被害者」に仕立て上げてしまいました。

神は、過ちを犯すことも自分の弱さも恥じる必要もない方ですが、皮肉にも、神のようになった人間は、それによって自分の過ちも弱さも認めることができなくなったのです。

 

皮肉にも、「神のようになり、善悪を知る」とは、自分を世界の中心、善悪の基準にして、まわりを非難する生き方の始まりでした。そこにおいて、最初に創造された男と女は、エデンの園における、「神のかたち」として調和を、自分から失ってしまいました。

そして、恥の感覚は、神でない者が自分を神のようにした結果として味わった感覚でした。それは、自分がいのちの根源から離れてしまったことの不安から生まれるものです。ちょうど、自立できない子供が自分から親を捨てて不安に陥ることと似ています。

私は最初、この箇所を読んだとき、善悪の知識の木の実自体に何かを起こす力があったのかと誤解しました。しかし、神は、エデンの園に毒りんごを植えるような方ではありません。善悪の知識の木」から取って食べるという行為自体が、人を害してしまったのです。

 

   その後、主は、土から造られた人(アダム)に対しては、その源である「土地(アダマー)があなたのゆえにのろわれてしまった・・・一生苦しんで食を得・・顔に汗を流して糧を得、ついには土(アダマー)に帰る」と宣告されました(3:17-19)。仕事に苦しみとむなしさが入ってきたのは、アダムが自分を神のようにした結果だったのです。

そして、最後に、「あなたはちりだから、ちりに帰らなければらない」と言われます。これは非常に冷たい響きです。人は「ちり」として創造されましたが、神の息を受けて「生きもの」になりました。

しかし、「神のかたち」として神との交わりに生きることを自分から切った人間は「ちり」のような無価値な、「生けるしかばね」のような存在になったのです。

 

その後、(ヤハウェ)は、御心を痛めながらも、人間をエデンの園から追い出しました。主は、かつて、「それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ」と言われましたが、それがこのときに成就したのです。

今、エデンの園の外に住むすべての私たちは、「必ず死ぬ」ように定められています。それをパウロは「罪によって死が入り、こうして、死が全人類に広がった(ローマ5:12)と語っています。なお、ちり」に過ぎない人間が永遠に生きる可能性があったのは、「いのちの木」がエデンの園の真ん中にあって、それを食べることが許されていたからですが、主はこのとき、いのちの木への道を封じられました(3:24)

そして、その道を開いてくださったのがイエス・キリストです。そして、イエスは終わりの日に、「勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう(黙示録2:7)と約束してくださいました。

もし、私たちが自分こそがアダムの子孫であることを認め、自分の努力では自分を救うことができないとイエスにすがるときに、主は、「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない(ヘブル13:5)と安心させてくださいます。

恥の感覚は、今はしばしば、「見捨てられ不安」とも表現されますが、イエスにつながる者は、見捨てられる心配はありません。そして、十字架に死んで、復活されたイエスは、「見よ。わたしは世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます」(マタイ28:20)と約束してくださいました。

ですから、もう死の力が、私たちと神との交わりを引き裂くことはありません。それこそが、私たちに与えられた「永遠のいのち」の意味です。

 

アダムは「神のようになり」、自分を善悪の基準として、この世界に死をもたらしました。しかし、イエス・キリストは、「神の御姿である方なので神と等しくあることを奪い取るべきこととは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿を取り、人間と同じようになられ」ました(ピリピ2:6,7私訳)

イエスは神の御姿であるからこそ、簒奪者としての生き方とは正反対の、仕える生き方によって、「神のかたち」としての模範となり、救いの道を開いてくださいました。

 

この生き方に習った代表者が19世紀末のダミアン神父です。彼は単身でハンセン病者が隔離されているハワイのモロカイ島に入り、病者の世話をしました。当時の島の中は希望を失った人々が、密造酒や淫乱に走っている無法地帯でもありました。しかも島の人々は彼をよそ者としか見ませんでした。

それで彼は徹底的に彼らのひとりのようになり、同じ病になることさえ受け入れました。そこから人々にも希望が芽生え始めました。

彼が感染に気づいたとき、それを「神からの勲章」と呼び、「病者の気持ちが分かる」と喜びました。しかも、彼の発症を契機に、次から次と彼の働きを助ける人々が与えられ、絶望の島は世界中の人々にとっての希望の源の島へと変えられました。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »